プログラマの仕事の面白さの違いと女性

プログラマの仕事は職場によって立場が異なり、それによって感じられる面白さにも違いがあります。典型的な職場の一つがシステム開発の現場であり、システムエンジニアが作成した仕様書に従ってそれを実現するプログラムを作成するのが業務内容となります。この場合には基本的には独力での作業となり、場合によっては誰にも干渉されずに自宅で作業することが許可される会社もあります。

在宅の仕事となる場合には、家庭の仕事との両立が行いやすいため女性にも担いやすいというメリットが得られます。しかし、実際にはスピードを要求される過酷な開発状況におかれることになるため、家事に割ける時間があまりとれないことも多いのが実情です。ただ、他人に干渉されずに集中してプログラミングに勤しめるという面白さがあります。

一方で、Web開発やゲーム、アプリなどの開発を担う場合には、ディレクターの指示のもとで仕様書に従ったプログラムの作成を行います。
この際にはプログラムを作成する上でデザイナーやイラストレーター、ライターなどとのコミュニケーションをとって、随時よりよいものを目指して仕様を変更していくことが必要になります。プログラミングの作業自体は個人で行うものであっても、チームとして制作に携わっているという一体感が持てるのがこういった職場であり、コミュニケーションを楽しむことができる女性プログラマにとっては仕事を楽しむことができる場所となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です