女性のプログラマは独立しやすい

会社が無くなってしまったり、解雇された時に次の就職先を見つけることができるだろうかと不安になって悩んでしまう働いている女性は少なからずいます。
プログラマの仕事は、経験を積めば積むほどプログラミングのスキルを上げることができるので、もし今の会社で働けなくなっても、求人で見つけた別の会社で働きやすいです。

また、きちんとしたシステムを作ることができる能力があると、男女関係なく評価される業界なので、プログラマは女性が独立しやすい職種です。
コードを書くだけでなく、きれいな魅力あるデザインを作ることができる人を欲しがる開発会社はかなりいます。
そのため、デザインの学校で学んだ人が後でプログラミングのスキルを身に付けて、システム開発会社に就職するケースもあります。

便利なサービスを作る開発会社は増えてきているので、ユーザーを獲得する競争は激しいです。そのため、長く開発会社で働きたいならば、次から次へと新しいシステムをプログラミングできる能力が必要です。
また、長く同じ会社で勤めている人がいると人件費がかかるため、同じプログラミングのスキルがあるならば給料の高い年齢が上の人を解雇して、できるだけ若い人を雇って人件費を抑えようとする会社がいます。

もし、将来会社を辞めなくてはならないことが不安ならば、プログラミングのスキルだけでなく、マネジメントのスキルを身に付けて独立するための準備をしておくと安心です。
そんな女性エンジニアの方にぜひオススメしたいサイト→→『女性プログラマのためのキャリアアップ講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です